【坂本光久 2017年 新機材】

平素よりお世話になっております。
実は最近、ギターを含めて色々と使用機材が変更になっています。すでに現場投入して手応えを感じているのでここで紹介します。

■ESP Snapper AL

 

GIT MASTERSセミナーなどでお世話になったESPアーティストリレーション担当の加藤さん。以前、E−Ⅱブランドの7弦ギターやグリーンのギターを提供して頂き色々な現場で使用してきましたが、今回「良かったらSnapperも使ってみませんか?」とご連絡頂きまして一本オーダーをお願い致しました。

ピックアップや木材はストックのままですが、金属パーツをすべてゴールドに変更してもらっています。ボディカラーのオリーブ風の色合いに合うと確信してオーダーしましたが正解でしたね。

サウンドの方は所謂ストラトにハムバッカー、というタイプに比べると更に右手のタッチがよく出る気がします。コンデンサも2種類を選べるなどサウンドにこだわるギタリストにはありがたいワイヤリングです。

E-Ⅱとはまた違う感じで個人的にはすごく気に入りました。まだ鳴りが若いので今後どう変化していくのかも楽しみです。

 
ツアーの移動で大阪の本番後、そのまま秋田に送ったのですがケースを開けて弾いてみたらチューニング狂っていませんでした。この安定度は現場では何よりありがたいです。
 
 
■DR TITE-FIT
 
20年近く使っていた弦を変えるのは勇気が入りましたが、今まで使っていた弦のG弦のチューニングの甘さと音像がやや暗めなのが気になっていたので乗り換えです。音色も以前の物に比べてブライトで和音の濁りが少なくて気に入っています。慣れるまで少し時間がかかりましたが、坂本がよくやるワウが掛かったようないつものチョーキングサウンドも出せるようになりました。10〜46ゲージを使用しております。
 
■K.W.S ワイヤレス
 
小型のワイヤレスをさがしていた所ビンゴのタイミングで紹介して頂いたのがこの「K.W.S」。最近色々とお世話になっている「キクタニミュージック」さんが販売しています。詳しいことはよくわかっていませんが操作も簡単で、電源入れてポチっとしただけで使えました笑 レイテンシーは感じないし、音質の変化もわずかで、各部のチューニングで対応出来る範囲。これで2万しないとか凄い時代になったものです。エネループで使用していますが、楽屋入りと同時に充電しておいてサッと本番前に電池交換する感じです。
 
■Ovaltone ワイヤレス用ケーブル
 

音色のチューニング用にOvaltoneさんに作って頂きました。普段からケーブル類はOvaltoneさんの「DARK HORSE」で統一しているのでワイヤレスと言えどもケーブルは同じものを、ということで。

コネクタ部分もバッチリ補強されているのでハードなツアーでも安心できます。サウンド面ではもちろんですが、こちらから敢えて言わなくても現場のニーズを把握して手を入れて下さる所を坂本はすごく信頼しています。いくら音色が良くても現場で断線したら終わりですからね。
 
 
以上紹介させて頂きましたが、各メーカーの皆様には本当にお世話になっています。どうしても慌ただしい状況の中で連絡せざるを得ず申し訳ないと思っているのですが、皆様本当に真摯に対応して下さいますので坂本もとても助かっています。
 
これからも引き続き、宜しくお願い致します
ロック!